2019年11月10日日曜日

国営木曽三川公園センタークリスマスイルミネーションコンサート

今日(昨日?)は生協会館カルスポレッスン(豊田市)を終えて栄(名古屋市)でレッスンというハードな日でした。男のピアノ塾コースを受講されている猫バスしっぽさんがユーチューブに動画アップされているとご報告を受けました。

近年、腕に覚えのある多くのユーチューバーピアニストが全国のストリートピアノを渡り歩き、新しい活路を見出し演奏活動してみえますが、猫バスしっぽさんも頑張って頂きたいと思いました。

話は変わり、国営木曽三川公園センター(岐阜県海津市)さんから依頼があり、イルミネーションイベント期間中の12月1日(日)にクリスマスステージとして電子オルガンコンサートをさせて頂くことになりました。これまでにもクリスマスイルミネーションイベントで演奏させて頂いたことがありますが、今回も楽しいコンサートになるよう頑張りたいと思います。イルミネーションと共に是非、演奏を聴きに来て頂ければと思います。

詳しくは下記ホームページアドレスリンクをご覧ください。

国営木曽三川公園センターホームページ


<Xmasイルミネーション電子オルガンコンサート>

日時:令和元年12月1日(日)①17:30~  ②19:00~  (各回30分程度)
会場:国営木曽三川公園センター北ゾーングリーンデッキ
*雨天時は屋内会場になります。
<問い合わせ先>木曽三川公園管理センター TEL:0584-54-5531













猫バスしっぽさんの演奏動画。

2019年11月2日土曜日

蜜蜂と遠雷&ピアノ工房

映画「蜜蜂と遠雷」を見てきました。
国際ピアノコンクールに挑戦する若きピアニストたちの物語(元々は
小説で映画化されたもの)でした。クラシックピアニストというと一途に音楽に人生をかけるストイックな芸術家のイメージがありますが、この映画もそんなクラシックピアニストの世界や葛藤が耽美的な感じで描かれていました。


一般的にクラシックの演奏は、アレンジを加えたりせず楽譜から作曲家の意図を読み取り音にする厳格さが求められます。

個人的に上記動画のシーンですが月の光を浴びながら、通常一人で演奏するピアノ曲のドビュッシー作曲「月の光」を男女二人寄り添い連弾で演奏していて、だんだん高揚し、オリジナルのモチーフが浮かび即興でジャズ風になり、途中でショパンの革命エチュード風のパッセージをかえしベートーベンの「月光」になるアレンジ演奏シーン、
ピアノコンクール予選用に書き下ろされた現代曲課題曲演奏で各人が閃きを音にしたり創意工夫を凝らしたオリジナルのカデンツア(演奏者が即興で自由に作曲しテクニックや個性を発揮する部分)を演奏するというシーンの演出が「クラシックの映画なのにそう来るのか⁈」と意表をついていて面白かったです。

映画を鑑賞した後は、とあるピアノ工房へ。所狭しと置かれたピアノに圧倒されつつ、職人さんの仕事を拝見させて頂きました。
子どもの頃、浜松のヤマハグランドピアノ工場やエレクトーン&管楽器工場を見学したことを思い出しつつ、調整中のピアノも試弾させて頂きました。


最近、ショパンのエチュードをレッスンで見て欲しいと楽譜を持ってこられる方もみえるので自分もショパンのエチュードやソナタを譜読みしています。上記写真の楽譜はショパンのピアノソナタ3番4楽章。





2019年10月26日土曜日

キーボードサークル「ポコ・ア・ポコ」演奏発表無事終了!!

ありがとうございました。北生涯学習祭りでのキーボードサークルポコアポコさんの演奏発表が無事終了しました!!
西生涯学習センターなごやか市民教室講座終了後のサークル発足から北生涯学習センターに活動拠点を移し始めての発表会となりました。

時間に余裕があったため講師演奏コーナーも作り、僕も一曲ジャズピアノ風にキーボードを演奏しました。川村先生は、講師演奏だけでなく司会進行役も務めてくださいました。最後は、川村先生が作ってくださった歌詞カードを配り、会場の皆さんと歌うコーナーもありました。

新しくご入会してくださったメンバーさんは今回は見学でしたが次回は是非皆で出演できると良いなと思います。

メンバーの皆さん、お疲れさまでした。たくさんの拍手を送って下り、応援くださった皆さまありがとうございました!!








2019年10月25日金曜日

写真撮影

音楽教室の講師紹介ページをリニューアルするということで写真撮影をして頂きました。メイクもして頂き、色々なポーズで写真を撮って頂きました。ちょっぴり緊張しました。
メイク中。


撮影の様子。


サックスの糟谷先生と

ドラムパーカッションの三祢沢先生と

2019年10月20日日曜日

キーボードサークル・ベストフレンド発表終了!!

ありがとうございました。守山生涯学習祭りでのキーボードサークルベストフレンドさんの演奏発表が無事終了しました!!
守山生涯学習センター定期講座終了後のサークル発足から18年もの歳月が流れ、今年は新しいメンバーさんの加入もあり10名で出演されました。
こうして活動を続けられることに講師として感謝です。メンバーの皆さん、お疲れさまでした。たくさんの拍手を送って下り、応援くださった皆さまありがとうございました!!


2019年10月18日金曜日

大草原の祈りコンサート無事終了!!

ありがとうございました。大草原の祈りコンサートでの演奏が無事に終了しました。
詳細レポートはまた後日書きたいと思います。出演者、スタッフの皆様本当にお疲れさまでした。







2019年10月17日木曜日

大草原の祈りリハーサル

大草原の祈りコンサートのリハーサルをしてきました。

モンゴルの楽器「馬頭琴(モリンホール)」と初めてアンサンブルしましたが、バイオリンやチェロなど西洋の弦楽器はもちろん、中国の二胡とも違う繊細さと野性味があり、まさしく雄大な大草原を感じる音色でした。
楽譜がなく耳コピしなくてはならない曲が数曲あり大変でしたがリハまでになんとか間にあいホッとしました。

動画はリハーサルの様子です。良い演奏となるよう頑張りたいと思います。




2019年10月4日金曜日

ハワイアン・ドリーム in ナゴヤ 2019

キーボードのレッスンに通ってくださっている方でフラダンススクールにも長年通ってみえ、出演されるということで チラシを頂きました。
以前に動画を拝見させて頂いたことがありますが、フォーメーションが変わったり、華やかな衣装を身にまとい本格的でびっくりしました。

  「ハワイアン・ドリーム in ナゴヤ」というハワイアンバンド&フラダンスのイベントです。 ご興味のある方は是非、この機会に!!





2019年10月1日火曜日

音楽教室講師会

勤務する音楽教室の講師の先生方で食事会が企画され、僕はレッスンがあり2次会から合流しました。これまで講師の先生達と飲んだりすることはなかったので新鮮でした。色々な話ができ楽しかったです。皆と少し近くなれた気がします。明日も頑張ろうー!!という気持ちになりました。忙しい中、企画してくれたH先生ありがとう!!


「大草原の祈りコンサート」打ち合わせ&リハ

10月18日(金)守山文化小劇場で開催される「大草原の祈りコンサート」の打ち合わせ&リハーサルを僕の事務所で行いました。
今回、初めてご一緒させて頂く実力派メンバーの方ばかりですが気さくな方達で安心しました。良い演奏会となるよう頑張りたいです。

ギタリスト望月雄史さん(中央)とピアニストの北川美晃さん(右)




2019年9月29日日曜日

キーボードサークルレッスン

生涯学習センターのキーボードサークル「ベストフレンド(守山区)」さんと「ポコアポコ(北区)」さんのレッスンに伺ってきました。10月の発表に向けて皆さん頑張ってみえました。日頃の練習の成果を如何なく発揮されますよう心より祈念しております。






















↑守山生涯学習センター自主サークル「ベストフレンド」さんの様子。


















↑北生涯学習センター「ポコアポコ」さんの様子。
川村先生も応援に駆けつけてくださいました。

2019年9月21日土曜日

音楽教室発表会

音楽教室の子ども達のための発表会がありました。
講師の僕も生徒さんピアノ伴奏や連弾、キーボードで合奏しました。
担当する生徒さんの演奏も練習の成果を発揮され無事、演奏を終えることができホッとしています。

後半には、スタッフの先生のピアノと弦楽器の先生方を中心に編成された弦楽四重奏で子ども向けのコンサートも行われました。ハロウィンの仮装や風船のオーナメントもあり会場は楽しい雰囲気でした。

このところイベント続きで大変ですが身体に気をつけ何とか乗り越えたいと思います。



*肖像権の関係もあり、子どもさん達の写真は掲載しておりません。

2019年9月19日木曜日

演奏会のご紹介

僕と同じ音楽教室で勤務されているバイオリンの成田萌先生(愛知県立芸術大学在学中)が演奏会のチラシをお持ちくださいました。
成田先生は、ジュニア時代にマーチングバンドの活動もされみえ、以前にマーチング&バトン東海大会でゲストと出演していた僕を見たとおっしゃてみえました。不思議なご縁ですね!

芸術・文化の秋ですし、ご興味のある方は是非!!





2019年9月15日日曜日

各種レッスンの様子から

このところ、音楽制作の依頼やイベントが重なりハードなバタバタな日が続いています。
レッスンのスケジュールを調整するのも中々大変で、どうしても調整がつかない場合は、知り合いの先生に代講をお願いしたりして、何とか切り抜けています。(生徒さんには入会時に代講レッスンの日もあることを了承頂きご入会頂いています。)

今日は、豊田市のカルスポでのレッスンの後、栄の教室のレッスンをハシゴの日でした。
レッスンは、入門の方から経験者、上級の方まで年齢も幼児からシニア世代まで幅広い世代の方にお越し頂いています。

下記の動画は、カルスポでのピアノレッスン「男のピアノ塾」コースでの様子です。幼少期よりピアノを習われてみえた方で、近々演奏の機会があるとのことでピアノを新調されショパンの曲を練習されてみえます。

ぜひ、頑張って頂きたいですね!!


 ↑
カルスポピアノレッスンではクラシック、ジャズ、ポピュラーなどジャンルを問わずレッスンさせて頂いています。




以前、このブログで紹介させて頂いたカルスポ「オリジナル曲を作ろう!」という作曲&DTMレッスンにお越し頂いているKO-YAさんもオリジナルアルバム完成に向け新曲をどんどん動画アップされてみえます。

KO-YAさん関連ページ









2019年9月7日土曜日

神の森コンサート無事修了!!

<詳細レポートを更新しました!!>

ありがとうございました。
椿大神社さん(三重県鈴鹿市)の神の森コンサートでの演奏が無事に修了しました!!

コンサートは、自然、八百万の神々や日本神話をイメージして作曲した「森羅万象」から演奏スタート。今回は、会場に向かう道中に目に入ってきた鈴鹿山脈の美しい雄大な自然を思い出しながら演奏させて頂きました。
また、新たにジャズバラード風にリアレンジしたオリジナル曲「We are the stars.」をはじめ自分の自作曲を中心にプログラムを組み演奏させて頂きました。



オリジナル曲「We are the stars.」は、サックスの音色をフューチャーし、アドリブソロ部分を加えたり、ポリコード(アッパーストラクチャーetc)などリハモナイズ(ハーモニーを変更すること)してジャズ・バラード風にリアレンジし発表しました。


入りきれないほど本当にたくさんお客様にお越し頂き、演奏を熱心に聴いてくださり、感激でした。

先日、ピアノ講師をされている方にこの日の様子の動画を少しお見せしたところ
「先生は、現代版の(セロ弾きの)ゴーシュですね!」と感想を頂きました。

「???」と思いましたが、多くの人と関わる中で成長しているということを仰りたかったのではないか?と推察しました。

時々、関わる人が多くなれば、その分、責任を生じ、色々な問題が起こったり、関わるのに疲れたりでキャパオーバーになる自分がいます。

しかし、それは音楽家にとって貴重な経験であり、自分の音楽の糧になっているのかもしれないと少し思えるようになりました。


会場入りからリハ、本番までに時間が少しありましたので境内を散策したりお参りもしました。椿大神社さんは、導きの神として知られる猿田彦大神さんを主神としており、別宮には芸術・芸能の神としても知られる天之鈿女命(あめのうずめのみこと)さんが祀られているとのことで一緒にお参りしてきました。

至るところ(掲示物やポスター、書物など)に「感謝」という言葉が使われていました。

特別「感謝」という言葉が抜き出してあったわけではないのですが、僕にはその言葉が光って見え、響いたのです。

実は、この日の前日に「早い時期から電子オルガンの世界やメーカーの外ので長く活動を続けている安井くんの活動を紹介したいが良いか?」と連絡があり、一緒に現在の電子オルガンの世界の趨向(すうこう)の変化についても教えて下さりました。

普段は、忙しさにかまけて電子オルガンについて考えたり、自分の活動を振り返るといったこともなく時間が過ぎていきます。
高校生の頃に感じた違和感、(童話「裸の王様」に登場する子どものように)地雷を踏んではいけないと未成年ながらに気を使っていた時期を思い出し、それが自分の現在の活動に繋がっていることも思い出しました。

そして自分の活動について気にかけて下さり、助言して下さってくれる人たちの存在にも気付きました。

多くの気づきを与え支えて下さる皆さま、そして自然に感謝!そんな気持ちにさせてくれるコンサートでした。

僕は、リハ時に鑑賞させて頂きましたが、西部少年少女合唱団、男声合唱団アサンブルGGの皆さま、オペラ歌手の高倉宏恵さん、それぞれに演奏が素晴らしく大きな拍手が送られていました。

ご多用の中、ご来場くださった皆さま、お世話になったスタッフの皆様、ありがとうございました。







 ↑
演奏終了後に山本行恭宮司さんと。

2019年8月31日土曜日

キーボードサークルレッスン

キーボードサークルのレッスン日でした。
発表会に向けて選曲も決まり、練習も少しづつ熱を帯びてきました。
シンコペーションの難しいリズムを皆で確認したり、音色作りやアレンジを工夫したりと より良い演奏に向けて皆さん頑張ってみえました。
本番まであと少し、身体に気をつけて頑張って頂きたいと思いました。




2019年8月25日日曜日

音楽教室イベント

音楽教室のイベントがあり、サポート演奏してきました。
新設のコースとしてバンドやアンサンブルのレッスンをするコースが出来るということでそれに先駆け、僕も「ミニオーケストラ」というクラシカルな合奏レッスンの担当になったため、希望者を募ったり、他の楽器の先生にご協力頂き、受講者が集まり、6月より月に1回(1時間30分)、3ヶ月で計3回の体験的なレッスンをさせて頂きました。

このレッスンでアンサンブル練習した3曲を音楽教室の今回のイベントの中で発表することになり、僕は電子オルガンでそのサポートさせて頂きました。

音楽経験が違う人が集まりアンサンブルする際に問題になるのが、編曲や楽器編成です。

また、学校の部活などとは違って、大人の方が中心の合奏レッスンだと、スケジュールが合わない場合もあるし、練習のメンバーと本番のメンバーの人数が違うことも想定されます。また、個人練習をできる環境の方ばかりではありません。

そのような状況を鑑み、メンバー構成を考えながら、1回1回のレッスンで編曲を修正しながら、今回の発表を迎えました。

本番では、各楽器にソロパート(独奏)部分を作るなど工夫しました。

電子オルガンでサポートする際には、「バロックオーケストラ風に」とか「室内楽(チェンバーオーケストラ)風に」、「3管編成のフルオーケストラ風に」と曲ごとにオーケストレーションを考え音色をこまめに切り替えたりアレンジを工夫し、演出しサポートさせて頂きました。

バイオリンの先生にもトラで参加して頂き、コンサートマスター役として演奏頂きました。

色々、大変でしたが何とか無事に終えることができ感謝しています。

出演者の皆様、本当にお疲れ様でした。
ご協力頂いた先生方、会場設営等お世話になったスタッフの皆様、ありがとうございました。