2018年6月15日金曜日

打ち上げ

今日は、音楽教室の仕事を早めに終えて、毎年創作ミュージカルでお世話になっているNPO法人リトミックGifu事務局長の出崎先生と公演終了後約2か月と遅めの打ち上げ。
来年の公演に向けての話し合いもしました。
メンズキャストが増えてきたそうで、新曲を作って欲しいとのオーダーも頂きました。

「安井先生、遊ぶ時間や自分の時間を持つのも大事ですよ〜!」とアドバイスも頂きました。楽しい時間でした。感謝です。



リトミックGifuミュージカル公演での演奏の様子から。


2018年6月14日木曜日

バトントワーリング

ナゴヤゴールデントワラーズの渡辺先生が音源制作相談のため事務所にお越しくださいました。今年は、例年になくバトントワーリングのための楽曲のご依頼を頂き、納期までにちゃんと出来るか心配です、、、。身体に気をつけ頑張ろうと思います。

2018年6月11日月曜日

コード&音楽理論レッスン

最近、コードレッスン希望をする方が増えています。
(*コード=和音コードとは、高さの異なる2つ以上の音を同時に鳴らした時に合成される音。総譜を書く事の少ないポピュラー音楽では、コード・シンボルという略記法を用いてコードの配列(コード進行)を示す事が多い。

コードは、ポピュラー&ジャズ系の楽譜の上にCm7とかG7とか書いてあるアレです。

いつか弾き語りができたら、、、。
いつかセッションしたい!!
ジャズをCメロ譜で演奏したい。
練習して演奏するんじゃなくて初見でスラスラとアレンジ演奏したい!!

などなど、そんな願いを持ってレッスンにお越し下さる方が増えているのです。
市販のコード表や理論書を購入しても一向に覚えれない、使えれないと悩んでみえる方もみえます。

そうですね、、、。確かに教則本や理論書だと難しい言葉がいっぱい並び
イヤになってしまうことが多いですよね。

僕のレッスンでは、「まずこのコードを最低限覚えましょう!」
「まず、このフォームを覚えましょう!」と言ったところから
スタートし、このコードは原色、このコードは混ぜた中間色のような響きがするコードなんですよ!
などなど、できるだけ感覚的、実践的な理論、即使えるテクニックを中心にレッスンさせて頂いています。

最近、生徒さんが2倍くらい目を見開き丸くし
「ア〜〜〜〜〜!!!」と納得される姿を見ると妙な快感が、、、。
これからもわかりやすいレッスンを目指し、精進致します。

しかし、不思議です。どちらかと言えば理論嫌いな僕がコードや理論のレッスンを
レッスンすることになるなんて、、、。人生は分からないものですね。





2018年6月2日土曜日

初回レッスン

今日は、午前中からカルスポ(豊田市)でのキーボード・ピアノ・作曲コースのレッスンデーでした。
今月からキーボードコースにご入会くださった方の初回レッスンもありました。初回ということでヒアリングをさせて頂きましたが、以前に ピアノやテクニクスの電子オルガン・テクニトーンを習ってみえたことがある鍵盤楽器経験者の方でした。
このレッスン最後にキーボードのデモ演奏をさせて頂きましたが、「1台で凝ったことができるのですね!!!」とご感想を頂きました。

 カルスポでのレッスンも受講してくださる生徒さんが少しづつ増え嬉しく思っています。
熱心にご受講くださる皆さんに感謝です。

4月発売のカシオ新型キーボードCTX3000