2020年11月26日木曜日

なかにし陽子さんリサイタル無事終了!!

 ありがとうございました。アートピアホールで感染対策をして開催されたなかにし陽子さんのリサイタルでの演奏が無事終了しました。

なかにしさん、スタッフの皆さま、お疲れ様でした!







2020年11月23日月曜日

犬山・堀部邸コンサートのお知らせ

 ソプラノ歌手:長江希代子先生が犬山の堀部邸にてしっかり感染症対策を行い、コンサートを開催されます!!

日頃から日本歌曲を研究・歌唱されてみる長江先生ですが、今回は犬山ゆかりの作詞家や作曲家にフォーカスしたプログラムとのこと!!

長江先生が中学校音楽教諭としてして活躍されてみえた頃の教え子であるピアニスト:内匠慧さんとの共演も楽しみですね!!

詳しくは下記の堀部邸ホームページをご覧ください!!

             ↓

木之下伝承館・堀部邸ホームページ





■11月29日(土) 13:30~ 
猪之子座
「2020日本の芸術歌曲コンサート 犬山ゆかりの作詞家・作曲家を訪ねて」

・会場:木下城伝承館・堀部邸
・出演:長江希代子(ソプラノ)、内匠 慧(キーボード)
・参加費:2,000円
・問合:堀部邸へ(0568-90-3744)(月火休み)

2020年11月15日日曜日

市民向けキーボード講座

市民向けキーボード講座「キーボードで楽しむ素敵な音楽」(全3回)第1回目を開催しました。多数の応募をありがとうございました。スタッフの皆さまお疲れさまでした。





2020年11月4日水曜日

バトントワーリング東海大会

 ご招待状を頂き、日本ガイシホールで開催されたバトントワーリング東海大会に伺ってきました。コロナ禍でビデオ審査という支部もある中で、感染対策をとった上で開催されました。僕が音楽構成を担当したチームも大健闘していました。出演者、スタッフの皆様、お疲れ様でした。



2020年10月21日水曜日

ミーティング

 名古屋市青少年センターアートピアホールにて開催されるシャンソン・タンゴ・ポピュラー歌手なかにし陽子さんのリサイタルの電子オルガン演奏を担当させて頂くことになり、僕の事務所でミーティングをしました。



リサイタルの打ち合わせだけでなく、ホームページのリニューアルに伴い、youtube配信など時代に合わせたプレゼンテーションをしていきたいとのことで関係スタッフ3名(クラシック名古屋の岩崎さん、アイエムプランニングの伊藤さん、エムワイオウルズの和田さん)も事務所にお越し下さりました。

なかにし陽子さん新ホームページ

今年は、歌手の方との共演の仕事をたくさん頂いていますが、コロナ禍においてそれぞれ工夫を凝らしながら開催されてみえます。僕も微力ながら皆さまのサポートできればと思っています。


下記のクロップ写真は、先日僕の事務所からインターネット中継した、ラジオ・ケーブルテレビ放送の様子です。パーソナリティは、講談師:水谷ミミさん(写真左)です。













2020年10月13日火曜日

かしこさんコンサート終了!!

 岐阜県各務ヶ原市にある結婚式場コッツウォルズさんで開催されたお食事付きのコンサート「かしこと楽しいコンサート−人生を詠う−」での演奏が無事に終了しました。4月開催予定が延期となり、今回無事に開催できたことに感謝です。

コンサート中はマスク着用など感染対策をしっかり行っての開催でした。かしこさん、出演者の皆様、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!






2020年9月30日水曜日

インターネット生配信〜小さな放送局〜

 ラジオ、ケーブルテレビで放送されるインターネット生配信のお手伝いをしました。

僕の事務所からのリモート中継出演という形で2時間番組でした。

生配信ということで、何が起きるかドキドキでした。パソコン、カメラやモニター、コンデンサーマイク、HDMIスイッチャー、ビデオ用照明など事務所にある、あり合わせ配信機材を総動員し、取り組みました。

ディスクジョッキーさん、スタッフさんには、「プロ顔負けの映像音響機材、やってることはテレビみたいだね!」と。複数のカメラを置いてカメラのスイッチング切り替え、ワイプを出したり、音声のミキシング、ライティング、画像のポン出しなどレベルや規模は違うものの確かにやっていることは、小さな放送局なのかもしれません。

映像配信ももちろん大変ですが、以外と大変なのが音声の配信。インターネットでの音声はシビアなので、特にピアノの音や歌声など生演奏の音がちゃんと配信できるかとても心配でしたが何とかそこはクリアできホッとしています。僕も電子オルガンを演奏し出演しました。

僕は、小学生の頃、放送委員会に所属していてお昼のビデオ放送によるクラス歌合戦コーナーでテレビ番組風にセットを作ったりしたことを思い出しました。

この放送の後はすぐに音楽教室の仕事がありました。神経を使い、かなり疲れていましたが、生徒さん達のピアノ演奏を聴いていたら疲れが少しやわらぎました。







2020年9月28日月曜日

俯瞰カメラ

新たにコンデンサーマイクを導入したこともあり、僕のレッスンでも振り返り用に収録するなど様々なシーンで活用しています。高精細で収録できると、細やかなタッチや息使いなども後から視聴確認できるため学習に有効です。

最近、YouTubeのピアノ演奏動画がよく見かける鍵盤を俯瞰(ふかん)するアングル、一眼レフカメラだとレッスンで気軽に撮影するにはカメラの つり上げに手間がかかり過ぎるし、カメラをレッスン室に運ぶのも重いし、費用もかかる、、、ということでスマホで近い感じで撮影できないものかと思案し、マイクのブームスタンドにカメラ用のアダプタを付け撮影しています。スマホだと準備が楽ですし、とにかく軽くて気軽なのが良いですね。そして共有も楽です。(ここ大事!)

もちろん画質の点では一眼レフのそれには及びませんが、気軽にパパっとという感じの時はとても良いですね。下記の写真は、レッスンの時に俯瞰撮影した動画のキャプチャー写真です。「こんな感じで撮れるんだ〜!」と生徒さんにも好評です。




2020年9月20日日曜日

宅録

アレンジ&レコーディング案件があり、事務所で録音していました。
最近、DTMレッスンの一環で生徒さんの「歌ってみた」「弾いてみた」動画作りやその他対外的なレコーディングのご依頼やご相談も増えてきており、20年使っていたコンデーサーマイクもさすがにそろそろ新調したいと思い新しいコンデンサーマイクやプリアンプを導入しました。
レコーディングのスキルも上げていきたいと思うこの頃です。








20年前に購入した入門用のコンデンサーマイク。
いまだに現役ですので今後も並行して
色々な場面で活用していければと思っています、、。




 

2020年9月15日火曜日

動画を活用したレッスン

 僕のレッスンでは、様々な動画を活用しながら進めています。

生徒さんの演奏を撮影し共有し後から振り返りをしてもらったり、成長や思い出の記録として残したり、僕の演奏を撮影し参考にしてもらったり、また、キーボードやDTMのパソコン操作の解説を撮影したりと、最近のスマホカメラは高性能でキレイな動画を撮影できるため、色々と活用しています。

流行りの「歌ってみた」「弾いてみた」動画を作りたいという生徒さんの要望も増えていて、その作り方のアドバイスなども並行してしています。

パソコンを使わず、高音質・高画質でサクッとスマホ一発録音(ライン&マイク録音)できる方法なども研究中です。

下記の動画はDTMレッスン用にパソコンの画面をキャプチャーしたものです。もちろん、これを編集し、字幕テキストを入れたり、解説音声を入れたりもできますが、あくまで自分の負担にならない程度の労力範囲で行うよう心がけています、、、。

EDM(エレクトロダンスミュージック)系の
音楽で多用されるサイドチェイン効果や
フィルターアレンジの様子をキャプチャーした動画です。


動画は下記アドレスからもご覧になれます。



2020年9月12日土曜日

キーボードサークルレッスン

キーボードサークル「ポコアポコ」さんのレッスンでした。キーボードには自動伴奏機能がありますが、あえてその機能を使わずリードシート(コード付き一段譜)によるコード奏にチャレンジしたいとのこと。音楽教室でも弾き語り用のコード伴奏のレッスンを希望される方がたくさんみえます。ユーチューブでも即興的にピアノアレンジした歌謡曲や弾き語りの演奏動画がたくさんアップされ見かけますし、楽譜にとらわれず自由に演奏できるようになりたいというのが最近の傾向なのかもしれませんね。




2020年9月7日月曜日

リハーサル



 リハーサルでした。少しづつですが涼しくはなってきているのでしょうか?

それでもリハーサル後のソフトは格別です、、、。


2020年9月5日土曜日

ジブリの“大じゃない”博覧会

レッスン前の隙間時間にジブリの“大じゃない”博覧会に行ってきました。
ジブリ映画を初めて観たのは小学4年生の時にお楽しみ会のビデオ鑑賞会で見た「天空の城ラピュタ」でした。小学生ながらになんてキレイな映像と音楽なんだろうと思った記憶があります。今でも大きな入道雲(積乱雲)を見るとラピュタに登場する「竜の巣」を連想してしまいます。

大じゃない博覧会には、映画で登場する飛行石の首飾りを翳す事でラピュタ城を制御する「黒い石」をはじめ、実物大のトトロなどの多数の展示があり、映画の世界観に浸れ楽しめました。








2020年8月30日日曜日

天空のテノール包金鐘さんコンサート終了!!

 ありがとうございました。

志段味古墳群ミュージアムで開催されたモンゴル出身のテノール歌手:包金鐘さんのコンサートでの演奏が無事に終了しました。このところ猛暑続きですが、この日もやはり猛暑日。

自分のソロ曲(オリジナル曲)も含め15曲ほど演奏し、準備も大変でしたが何とか無事に終えることができホッとしています。

包さん、来年で来日活動20周年だそうです。

益々のご活躍を心より祈念しております!!

実は、このコンサート前日は音楽教室の仕事やその他の仕事もあり、帰宅は夜23時でそれからこのコンサートのマイクや大型スピーカー等の音響機材準備や仕込み、最終チェックをしていました。

このところコロナの影響やお盆休みなどの関係で仕事のスケジュール調整が本当に大変でした。

お仕事のご相談・ご用命はくれぐれもお早めにお願い致します。












体温調節のためリハの合間にかき氷を食べて涼を。
しかし食べ終わる頃には、冷房で汗が冷え
今度はブルブル寒気が、、、、。(涙)












コンサートの様子は下記動画アドレスからもご覧いただけます。
「誰も寝てはならぬ」

「草原情歌」

「スペインの娘」
「見上げてごらん夜の星を」


2020年8月25日火曜日

練習動画届く。

レッスンに通ってくださっている猫バスしっぽさんが、夏休みの課題として取り組んでいるショパンバラード1番の練習経過の動画を送ってくれました。

普段フルで働いてみえる猫バスしっぽさんですが、コロナ禍でも気落ちせず、こうして努力を続けてみえのには頭が下がります、、、。

自虐のユニークなテロップを入れてみえますが、専門的に学ぶ音大生が取り組むような相当な難曲、大曲です!ぜひ、この調子で頑張って仕上げて頂きたいものです。

時代でしょうか、猫バスしっぽさんに限らず、時々練習の様子の動画や作曲中の作品を送ってくださる生徒さんがみえて、その前向き姿に僕もパワーをもらっている感じです。


猫バスしっぽさんのショパン バラード1番練習動画は

コチラからご覧頂けます。

      ↓

https://youtu.be/wSJj1x-PNfA



2020年8月23日日曜日

DTMオンラインレッスン

今日は、音楽教室でDTMオンラインレッスンがありました。

大阪からのご受講でした。DTM用のパソコンに負荷がかかり過ぎないようパソコンはWindows、マックそれぞれ1台づつ計2台、iPad1台、スマホを使い、自分が持つ携帯できる機材をフル稼働させてのオンライン・レッスンでした。

それなりのスペックのパソコンなので、もちろん画面共有やループバックなどで1台のパソコンでも兼用できるのですが、それだとどうも音が途切れたり画像の拡大縮小やマウスポインタの限界、もし何かあった時用のサブ機としても稼動できるようシステムを組みました。

もちろん相手のパソコンをリモート(遠隔)操作できるアプリ、「チームビューアー」を使ったレッスンも可能ですが、事前に相手にソフトをインストールする合意を得る必要も出てきますし、そもそもDTMソフトをお持ちでないなど相手の環境にも左右されるので、、、。

 これは、これまでのDTMオンラインレッスンでのトライアル・アンド・エラーから導きだした結論です。今後、このようなシステムでやるかは未知数ですがオンライン・レッスン受講者さまがレッスンに専念できるよう環境を作っていければと思います。

演奏系のオンラインレッスンでは、必要に応じてオンライン遠隔合奏サービス「 SYNCROOM」なども併用できればと思っています。



2020年8月16日日曜日

リハーサル

 

今日はリハーサルでした。このところオーバーヒート気味。

猛暑だし、心身に気をつけて乗り越えたいです。

2020年8月15日土曜日

リモート合奏動画をアップ!!ラフマニノフコンチェルト第2番 第1楽章より

 


某大学ピアノサークルに所属するピアノの生徒さんが、サークルの演奏会がコロナで軒並み中止となって発表や演奏の機会を失っていると聞き、2台ピアノで発表予定だったラフマニノフのコンチェルトを電子オルガンとのリモート合奏(遠隔合奏)動画を作ることに。

僕自身も音大生時代や20年以上前に「新世紀のコンチェルト」と題したリサイタルで全楽章フルサイズでピアノの方と演奏したことがありました。レッスンの限られた時間での作成なので、今回は抜粋版でリモート動画作りをしました。

レコーディングも限られた機材での録音です、、。

この曲自体は、プロアマ問わず色々なピアニストや電子オルガンプレーヤーさんも演奏動画をアップしているし、スマホのアプリでも音楽作成できてしまう今のご時世、電子オルガンでオーケストラやバンド風なことをしても特に目新しかったり珍しいわけでもないのかもしれませんが生徒さんにとって何か1つでも気づきがあれば嬉しいなと思います。すなわち教育活動の一環としての動画です。

クラシック曲は微妙なテンポの揺れがあるのでリモート合奏は難しいのですが、DTMソフトでキッカケとなるメトロノームを事前に打ったりして目印をつけ、撮影&レコーディングしました。

ノイズが入ったり、細かなミスはありますが練習やレッスンの思い出となってくれたら幸いです。

下記のアドレスからもご覧頂けます。

https://www.youtube.com/watch?v=domXG4kr4Eg







オーケストラのスコア(総譜)より。
冒頭のテーマのバイオリンパートには
sul G(G弦上で)と記載されている。
より重厚な音色で演奏されることが求められる、、、。